Infernal Affairs

インファナル・アフェア3部作を一気に観てハードボイルドな気分を満喫。

私の中で勝手に「三大セクシー男優」と呼んでいる中の一人、トニー・レオンが1作目の最後に殉職してしまうので、2作目にはイマイチ感情移入ができないがしかし、3作目には回想シーンが沢山あってトニーが登場して嬉しいのですが、物語が複雑化してもはやカオスな状況に。

連休後半は涙腺崩壊ものを満喫しようと思います。


P.S.

写真は雨でお墓参りに行くタイミングを見計らっている間に、

ボルビン先生のメソッドをさらっている時のものです。

さて、ブッカー・リトルのソロ練習しなきゃだ。


0コメント

  • 1000 / 1000