Profile

梅山英行。1971年1月22日、ジャズの日生まれ。

主に新潟県上越市にて演奏しています。

小学校5年生の時に担任の先生からトランペットを勧められ、それからずっとトランペットを演奏し続けています。

キャリアの前半は吹奏楽、オーケストラ、ブラス・アンサンブルに取り組んでいましたが、2000年頃からジャズの方に誘われ、徐々にジャズ中心の演奏活動にシフトしていきました。

2009年からは、自身がリーダーを務めるコンボ、”UM Jazz Combo” の活動を開始。演奏オファーや、自主ライブの度に編成を自由に組み替え、3~7人編成で演奏してきました。”UM Jazz Combo” はグループ総称で、編成によって、”UM Jazz Quartet” 、 “UM Jazz Quintet” といったネーミングで数々のライヴに出演しました。2011年から2012年にかけて、7重奏団が活動の中心になり、”UM Jazz Septet” をレギュラーメンバー化し、2012年7月の新潟ジャズストリートを最後に、リトル・ビッグ・バンドへの発展的解散となりました。

2010年~2011年は、「クールの誕生」の再現プロジェクトに取組み、上越市、柏崎市、新潟市の3箇所で演奏しました。今後も機会があれば演奏していきたいスコアです。

2012年から、11人編成のリトル・ビッグ・バンド “Brasserie Jazz Orchestra” の活動をスタートしました。

2013年から新潟ジャズストリートに毎年参加(夏のみ)しつつ、4月のELEVEN PLAZAでのライヴも定例化。

2015年には「ほぼフルバンド化」を達成し、上越市内のイベント演奏依頼等にも対応しています。

2017年には、高田世界館での自主ライヴを行い、2018年9月には松之山温泉ジャズストリートに出演を予定しており、活動の幅を広げています。

そうそう、このページのプロフィールに書き忘れていたのですが、Niigata Yossy Big Bandというビッグバンドにも参加しています。

いつもヒーヒーいっていますが、最近ヒーヒーいうのが少しだけ気持ちよくなってきました(笑)

でも、でも、私の本当に好きなのは小編成なのです。

ちょっと最近活動が少なかったですが、今年からまたじわじわ出演機会を増やしているのが"三人会"です。

「三人のオッサンが奏でる珠玉のジャズスタンダード」をキャッチコピーに、最低限のリハ(ほぼやらない)で楽しく演奏しています。

そして2018年後半、北陸新幹線「はくたか」の停車駅に縁があるメンバーによるコンボ "HTK" の活動が始まりました。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。